初めてでも安心!!  移転祝いの贈り方お教えします
 

移転祝いってどうすればいいの?

取引先の会社から事務所移転のお知らせが来たけどどうしたらいいの?
取引先の移転祝いはしっかりしておかないと失礼になってしまいます。失礼のないように、マナーに気をつけて贈れるように、当サイトでは詳しく移転祝いの贈り方をお教えします。

移転祝いに何を贈ればいいの?

初めて事務所の移転祝いを贈る時何を贈ればいいかわからないと思います。
移転祝いでの一番人気は胡蝶蘭です。それも移転祝い=胡蝶蘭というくらい圧倒的に人気な贈り物です。
胡蝶蘭が人気の理由として大臣の就任祝いに使われたり高級料亭に飾ってあったりして高貴なイメージがありますし、
スタンド花よりも場所をとらないため邪魔にもなりません。
また、幸福が飛んでくるという花言葉がありますので移転祝いの花としてよく使われています。

相場として1万円?5万円の胡蝶蘭を贈るのが一般的です。一番多いのが2?3万円前後の大輪胡蝶蘭になります。
色は特に決まりはないのですが一番無難ということで白が一番人気になっています。

また、灰皿やライター、ストーブ等火を連想させるものは火事を連想させるのでタブーとなっています。

移転祝いの立て札の書き方

取引先に移転祝いを贈る場合は立て札をつけるようにします。
下記を参考に移転祝いの胡蝶蘭には立て札(紙もしくは木)をつけるようにして下さい。


移転祝いの立て札の書き方


胡蝶蘭の買い方

ネットショップで買うと生産者直送してくれる場合がほとんどです。一般的な生花店では在庫をあまり持っていませんが、ネットショップの場合生産者は何百鉢も出荷できる胡蝶蘭を持っているのでその中から良い状態のものを送ってもらえるので、生花店よりも新鮮で長持ちします。
一般的生花店の場合卸会社等を通して仕入れている場合が多いので中間マージンがかかり、価格に反映されています。
また、在庫リスクやロスもあるため、その分お客様が購入するときにはかなり高くなってしまいます。 ネットで購入する場合生産者と直接の取引で中間マージンを省き、在庫を持つ必要もないため、 一般生花店価格より安く購入できます。

そのなかでも幸福の胡蝶蘭屋さんがおすすめ


お客さまの声
お客さまの声1
取引先の会社の移転祝いに贈りました。
大切な取引先だったので品質のよさそうなところを探していたところ貴店にたどり着きました。

立て札の書き方等も親切にアドバイスをいただき安心して贈ることが出来ました。
また機会があれば利用したいと思います。ありがとうございました。




お客さまの声2
初めて胡蝶蘭を注文しました。
今日先方より立派な胡蝶蘭が届いたと連絡が来ました。
取引先の移転祝いだったのですが、注文するのがぎりぎりになってしまいました。
胡蝶蘭の写真もメールで送ってもらえたので安心でした。

お店からのメールも大変丁寧にいただきまして感謝致します。




幸福の胡蝶蘭屋さんはこちら


Copyright (c) 移転祝いの贈り方 All Rights Reserved. 移転祝いガイド